ヤミ金融のトラブルは弁護士に相談 - お金のほうりつ

お金のほうりつ > ヤミ金融のトラブルは弁護士に相談

ヤミ金融のトラブルは弁護士に相談

お金に関する問題として一番厄介なのが、ヤミ金融からお金を借りてしまった場合が挙げられます。
他の問題と違い、自分でどうにかしようと思っても解決できるものでは無く、執拗な取り立てやいやがらせに立ち向かうには、弁護士に相談する事がおすすめです。

現在の法律では、年利20%を超えるようなお金の貸付けは禁止されており、更に貸金業登録を行っていないでお金の貸し付けを行う、いわゆる「ヤミ金融」と呼ばれている行為が刑事罰に相当するものとなります。
借りているという負い目から大変な思いをして支払い続けますが、実は弁護士に相談する事で支払う必要が無くなくのです。

まず、相談を受けた弁護士は相手のヤミ金融に対して、弁護士がこの借金に関して介入したという旨の文書を送付します。
弁護士が介入したという事は、法律に対して違反行為を行っているヤミ金融業者は、即取り立てを停止する事となりますが、無視して取り立てを続けるヤミ金融も当然あります。
そうなると次に、警察への届け出や刑事告発、口座を凍結するなどしてヤミ金融が取り立てを諦めるような方向へ持って行きます。

そもそもヤミ金融は人にお金を貸す事自体が禁止されているので、当然借りたとしてもそのお金を返す必要がありません。
ですからどんなにヤミ金融が「貸したのだから」と頑張っても、相手から返済されないのは法律上では当たり前のことなのです。
こういう部分はやはり法律のプロである弁護士に依頼するのが一番であり、適切な解決法にて問題を収束させることが一番と言えるでしょう。

ヤミ金融だから助けてくださいと、突然警察に行っても動いてくれることはありません。
警察とは証拠が無ければ動く事はできないので、その証拠作りから始めなくてはいけませんが、弁護士はどういった証拠を揃えたらいいのかという事も熟知していますので、最初から警察に持って行くための証拠も揃えながらヤミ金融に接触していきます。

お金に関してトラブルが起こった場合には、弁護士事務所に連絡すると良いでしょう。
最初の相談だけは無料で行ってくれるところも多いようです。