借用書の作成 - お金のほうりつ

お金のほうりつ > 借用書の作成

借用書の作成

お金の貸し借りをする場合、その事が事実である事を証明するために借用書を作っておく事で、後にトラブルが起こりづらくなります。
また、例えトラブルが起こったとしても信憑性のある借用書を作っている事で、裁判などで証拠として認めてもらう事ができ、法律のもとで的確な措置の判決が下される場合もあります。

借用書はそれだけで強制的な力を発揮してくれるものではありませんが、借りた側が最後まで緊張感を持って返済してくれるという効果は大いに期待できます。
口約束だけでお金を貸すのでは無く、しっかりと書面に残しておく事でお金のトラブルを防止しましょう。

借用書には二つの種類があり、「借用書」と「金銭消費賃借契約書」があります。
借用書の方は、貸した側だけが保管して借りた側は署名をするだけとなりますが、金銭消費賃借契約書の方はお互いが署名して、お互いが一通ずつ保管すると言う違いがあります。
どちらも記憶違いなどによって起こるトラブルを回避する事ができますが、作った書類の分だけ収入印紙代が掛かったり、どちらか一方の保管により紛失などのトラブルも考えられます。

ただ、いずれにしても片方だけが保管している借用書よりは、金銭消費賃借契約書の方が作成に手間は掛かりますが、トラブルを回避できる可能性は高くなります。
高額になればなるほど、後でトラブルになりやすくなるので、借用書を作るとなった時には金銭消費賃借契約書を作成しましょう。

借用書に記入しなくてはならない最低限の項目として挙げられるのは、借用書の作成年月日、借主と貸主双方の住所氏名と押印、貸し借りが行われた金額、お金を貸した年月日、返済の方法と返済期日です。
もしも高額な貸し借りが行われるのであれば、更に利息や支払いが滞った場合の損害金や約束事などを盛り込んで記入します。

これらの書類はインターネットのサイトから、色々な例えで見る事も出来ます。
お金を貸す前か貸す時に作成しなければ、お金を貸した後になると更に別途の契約書も作成しなくてはならなくなりますので注意しましょう。