お金の貸し借りは公正証書が有効 - お金のほうりつ

お金のほうりつ > お金の貸し借りは公正証書が有効

お金の貸し借りは公正証書が有効

お金に関する書類と言えば、お金を貸したり借りたりする場合に法的に有効な公正証書です。
ただの借用書では法的措置を取ることができませんが、公正証書には法律に則って差し押さえまでする事ができる強制力があります。

公正証書とは、公証役場で働いている公証人にお金を貸したり借りたりしたという事を証明する事ができる効力のある書類です。
公証人とは、かつて裁判官や検察官だった人で言わば法律のプロであり、ここで証明できる書類はどこにでも通用するものであるという事になります。

公正証書のメリットとしては、先ず第一に返済が滞った時に借用書のように面倒な裁判などをしなくても、すぐに強制執行の手続きを行う事ができるという点が挙げられます。
よって、借用書の場合は裁判費用などもここで発生しますが、そんな費用も掛かる事がありません。
また、すぐに強制執行できる効果があるので、借りた側も滞りなく返済していく努力をするという効果があり、面倒なトラブル回避にも繋がります。
そして借用書では、本当にそれが真実のものであるのかという点が裁判の争点となる事もありますが、公正証書では本物が直ぐに証明され、火災や盗難などで紛失した場合であっても、公証人も保管しているので困る事はありません。

多額のお金を貸した場合に公正証書を持っているという事で、ほぼ間違いなく返済に関してのトラブルが起こらないものとなります。
返済が滞りそうな心配がある相手にお金を貸す場合は、最も法的に強力で有効なものとなるので、公正証書の作成はおすすめです。

もしも、公正証書を作らずにお金を貸してしまい返済が滞っていたりするが、貸した相手は会社の同僚だったり近所の人だったりと、連絡が付くような状況であれば、今から作る事も可能です。
これ以外でも、返済を強く望んでいる方なら今からでも公正証書を作るべきです。

お金の貸し借りでは返済がスムーズに行われる場合と滞る場合には、額面で境界線が生じています。
30万円以内であれば返済率が高くなりますが、超えている場合は低くなります。